• 登戸駅1分
  • 〒214-0014川崎市多摩区登戸2427-5
    メディカルプレイスタナカ3階

咳とたん

咳とたん

咳(せき)は肺の中の空気の通り道(気道:きどう)にある咳受容体が刺激されることで起こる反射の一種です。たんのない乾いた咳と、たんがからんだ湿った咳に分けられます。たんを出すための咳は、止めてしまうと気道をふさいでしまうので薬の選択には注意が必要です。たんの中には病気の原因菌や様々な細胞が含まれており、肺炎や肺がんなどの診断にもつながります。咳の症状持続期間と感染症には因果関係があります。発症から3週間(急性咳嗽)では感染症の可能性が高いのに対し、発症から8週間以上(慢性咳嗽)では感染症以外の原因が多くなります。

咳嗽・喀痰の診療ガイドライン2019

たんの産生とクリアランス

武山作図

空気の通り道(気道)は粘液でおおわれており、外からの侵入者から保護されています。気道粘液は1日約数10~100mlが産生され、粘液線毛輸送により無意識のうちにクリアランスされています。しかし、肺に炎症が起こると、ねばり気物質(ムチン)が多く作られ、除去するために咳が必要になります。たんを出す咳は、気道を開くための生体防御反応のひとつです。

たんの成分

たんは90%以上が水分であり、これに粘り気成分ムチンが含まれています。ぜんそくなどのたんが増える病気では、ムチンを産生する細胞(杯細胞、粘膜下腺細胞)が増加します。

気道ムチン遺伝子の発現調節

炎症細胞による気道MUC5AC発現調節経路
武山廉.炎症性疾患(3)
炎症と気道ムチン.東女医大誌90(4):71‐78, 2020
http://hdl.handle.net/10470/00032503

たんに含まれるムチンは、MUC5ACとMUC5Bが中心です。MUC5ACの遺伝子は、ぜんそく、COPDに関連する種々の因子(サイトカイン、成長因子、たばこ煙など)によって発現が増加します。近年、MUC5ACの発現経路についても研究が進んでいます。

たんのある咳の治療

多くのたんがでる咳は、たんを出すための防御反応と考えられます。治療は咳を止めるのではなく、たんを出しやすくするようなアプローチが必要です。たんが多くなる病気自体の治療のほか、たんを出しやすくする薬(去痰薬、喀痰調整薬)、たんの量を調整する薬(マクロライド、抗コリン薬)などの方法を考えます。

武山廉、玉置淳.特集/咳嗽の実地診療
Up-to-date:咳嗽と喀痰のメカニズム.呼吸器内科 29(2):87-92,2016
院長
武山 廉
診療内容
内科 呼吸器内科 アレルギー科
住所
〒214-0014
川崎市多摩区登戸2427-5
メディカルプレイスタナカ3階
TEL
044-911-1181
最寄り駅
JR・小田急線「登戸駅」生田緑地口より徒歩1分
※受付は診療時間終了30分前までです
休診:水曜午後、土曜午後、日曜祝日
※第2、第4水曜午後は東京女子医科大学病院にて診療しております
診療時間 日祝
9:00~12:30 -
14:00~18:30 - - -