• 登戸駅1分
  • 〒214-0014川崎市多摩区登戸2427-5
    メディカルプレイスタナカ3階

ご挨拶

院長 武山 廉

ご挨拶

皆様はじめまして、たけやま呼吸器・内科クリニック院長の武山 廉(きよし)です。

令和3年、登戸駅前に呼吸器内科、アレルギー科、内科の専門クリニック「たけやま呼吸器・内科クリニック」を開院させていただきました。

ここ多摩区は大学時代6年間を過ごした思い出の地であります。
大学卒業後は、東京女子医科大学呼吸器内科に所属し、呼吸器疾患、アレルギー疾患の診療、研究、教育に従事して参りました。
臨床医としては、大学病院以外にも様々な市中病院で診療の経験を積み、また、研究者としては、米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)において喘息の病態解明に取り組んで参りました。
今後はこれらの経験を活かし、専門である「咳とたん」の診療をライフワークに、日々の診療に取り組んでゆきたいと思います。

地域の皆さまに安心、安全かつ良質な専門的医療が提供できるよう、スタッフ一同精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

たけやま呼吸器・内科クリニック
武山 廉

業績

略歴

  • 聖マリアンナ医科大学卒業
  • 東京女子医科大学 内科学第一講座(呼吸器内科)入局
  • 東京都老人医療センター(現 国立長寿医療研究センター)呼吸器科 医員
  • 米国University of California, San Francisco(UCSF)留学(4年間)
  • 東京女子医科大学 内科学第一講座 助手
  • 埼玉県済生会栗橋病院呼吸器科 科長
  • 公益財団法人東京都保険医療公社(旧都立) 大久保病院 内科医長
  • 東京女子医科大学 内科学第一講座 講師
  • 東京女子医科大学 内科学第一講座 准教授
  • 東京女子医科大学 内科学第一講座 臨床教授
  • 東京女子医科大学 呼吸器内科学講座 臨床教授
  • 令和3年6月~:たけやま呼吸器・内科クリニック 開院
  • 聖マリアンナ医科大学 呼吸器内科 臨床教授

免許・資格

  • 学位(医学博士:東京女子医科大学)
  • 日本呼吸器学会認定 呼吸器専門医・指導医
  • 日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医
  • 日本内科学会 認定内科医・指導医
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 感染症制御ドクター(ICD)
  • 身体障害者福祉法第15条指定医(呼吸器機能障害)

所属学会

  • 日本呼吸器学会
    「咳嗽・喀痰の診療ガイドライン2019」作成委員会 委員
    「大気環境関連疾患の予防と対策の手引き2019」作成委員会 委員
    ガイドライン施行管理委員会 委員
  • 日本アレルギー学会
    「喘息予防・管理ガイドライン2018」作成委員会 委員
    「喘息予防・管理ガイドライン2021」作成委員会 委員
  • 日本内科学会
  • 日本肺癌学会

専門分野

  • 気道過分泌疾患(咳嗽と喀痰)の病態
  • 気道ムチン遺伝子発現制御メカニズム
  • 気道粘液線毛輸送系

業績

1.主要論文
2.原著論文・総説・著書(英文)
  • 1) Akaba T, Kondo M, Kobayashi F, Honda N, Muramatsu S, Yagi O, Takeyama K, Seo Y, Nonaka M, Tagaya E. Characteristics of patients with severe asthma who experienced treatment failure with omalizumab. Pulm Pharmacol Ther. 2021 Jun;68:102032. doi: 10.1016/j.pupt.2021.102032. Epub 2021 Apr 19.
  • 2) Kurokawa A, Kondo M, Orimo M, Honda N, Miyoshi A, Akaba T, Tsuji M, Nakatani K, Ikejiri M, Yagi O, Takeyama K, Takeuchi K, Tagaya E. Multifaceted analysis of Japanese cases of primary ciliary dyskinesia: Value of immunofluorescence for ciliary protein detection in patients with DNAH5 and DNAH11 mutations. Respir Investig. 2021 Feb 12:S2212-5345(21)00009-5. doi: 10.1016/j.resinv.2021.01.001, 2021.
  • 3) Akaba T, Kondo M, Kobayashi F, Yagi O, Takeyama K, Sakai S, Tagaya E. A case of pulmonary infarction induced by undiagnosed HIV. Respir Med Case Rep. 2020 Nov 12;31:101293. doi: 10.1016/j.rmcr.2020.101293. eCollection 2020.
  • 4) Akaba T, Takeyama K, Kondo M, Kobayashi F, Okabayashi A, Sawada T, Tagaya E. Coexistence of diffuse panbronchiolitis and sarcoidosis revealed during splenectomy: A case report. BMC Pulm Med. 20(1):77. doi: 10.1186/s12890 -020-1117-y, 2020.
  • 5) Orimo M, Kondo M, Takeyama K, Masui K, Tanaka J, Tagaya E. A case of lymphangioleiomyomatosis with diffuse large B-cell lymphoma: Usefulness of FDG-PET. Respir Med Case Rep. 2020 Jan 16;29:100999. doi:10.1016/j.rmcr. 2020.100999. eCollection 2020.
  • 6) Arimura K, Sekine Y, Hiroshima K, Shimizu S, Shibata N, Kondo M, Takeyama K, Tagaya E.  PD-L1, FGFR1, PIK3CA, PTEN, and p16 expression in pulmonary emphysema and chronic obstructive pulmonary disease with resected lung squamous cell carcinoma. BMC Pulm Med. 2019 Sep 3;19(1):169. doi: 10.1186/s12890-019-0913-8.
  • 7) Orimo M, Kondo M, Takeyama K, Abe K, Miyoshi A, Honda N, Ichikawa A, Takeuchi K, Tagaya E. A Japanese Case of Primary Ciliary Dyskinesia with DNAH5 Mutations.Intern Med. 2019 Aug 15;58(16):2383-2386. doi: 10.2169/internalmedicine.1961-18. Epub 2019 May 22.
  • 8) Arimura K, Kondo M, Nagashima Y, Kanzaki M, Kobayashi F, Takeyama K, Tamaoki J, Tagaya E.  Comparison of tumor cell numbers and 22C3 PD-L1 expression between cryobiopsy and transbronchial biopsy with endobronchial ultrasonography-guide sheath for lung cancer. Respir Res. 2019 Aug 16;20(1):185. doi: 10.1186/s12931-019-1162-3.
  • 9) Akaba T, Takeyama K, Hara H, Tamaoki J. Obturator Artery Pseudoaneurysm. Intern Med. doi: 10.2169/internalmedicine.1037-18. 2019.
  • 10) Arimura K, Tagaya E, Akagawa H, Nagashima Y, Shimizu S, Atsumi Y, Sato A, Kanzaki M, Kondo M, Takeyama K, Massion PP, Tamaoki J. Cryobiopsy with endobronchial ultrasonography using a guide sheath for peripheral pulmonary lesions and DNA analysis by next generation sequencing and rapid on-site evaluation. Respir Investig. S2212-5345 (18) 30111-4, 2018. doi: 10.1016/ j.resinv.2018.10.006.
  • 11) Hara K, Kondo M, Tsuji M, Takeyama K, Tamaoki J. Clarithromycin suppresses IL-13-induced goblet cell metaplasia via the TMEM16A-dependent pathway in guinea pig airway epithelial cells. Respir Investig. S2212-5345 (18)30275-2, 2018. doi: 10.1016/j.resinv.2018.10.001.
  • 12) Takeyama K, Shimizu Y, Ishii M, Hara H, Kondo M, Tamaoki J. Coexistence of diffuse panbronchiolitis and asthma: reciprocity of neutrophilic and eosinophilic inflammation. Respirol Case Rep. 5(3):e00232. doi: 10.10 02/rcr2.232. 2017.
  • 13) Kondo M, Tsuji M, Hara K, Arimura K, Yagi O, Tagaya E, Takeyama K, Tamaoki J. Chloride ion transport and overexpression of TMEM16A in a guinea pig asthma model. Clin Exp Allergy. 47(6):795-804, 2017.
  • 14) Tagaya E, Yagi O, Sato A, Arimura K, Takeyama K, Kondo M, Tamaoki J. Effect of tiotropium on mucus hypersecretion and airway clearance in patients with COPD. Pulm Pharmacol Ther. 39:81-4, 2016.
  • 15) Orimo K, Kondo M, Arimura K, Takeyama K, Takeuchi K, Tamaoki J. Primary ciliary dyskinesia with complex abnormalities including cleavage of B-subfibers.
  • Respirol Case Rep. 31:4(2):e00150. doi: 10.1002/rcr2.150. eCollection 2016.
  • 16) Akaba T, Takeyama K, Toriyama M, Kubo A, Mizobuchi R, Yamada T, Tagaya E, Kondo M, Sakai S, Tamaoki J. A Case of Pulmonary Paragonimiasis: The Detection of a Worm Migration Track as a Diagnostic Clue for Uncertain Eosinophilic Pleural Effusion. Internal Med, 55(5):503-6.2015.
  • 17) Takeyama K, Kondo M, Tagaya E, Kirishi S, Ishii M, Ochiai K, Isono K, Tamaoki J. Budesonide/formoterol maintenance and reliever therapy in moderate-to-severe asthma: effects on eosinophilic airway inflammation. Allergy Asthma Proc. 35:141-147, 2014.
  • 18) Kondo M, Nakata J, Arai N, Izumo T, Tagaya E, Takeyama K, Tamaoki J, Nagai A.  Niflumic acid inhibits goblet cell degranulation in a Guinea pig asthma model. Allergol Int. 61:133-42, 2012.
  • 19) Tadaki H, Arakawa H, Mizuno T, Suzuki T, Takeyama K, Mochizuki H, Tokuyama K, Yokota S, Morikawa A. Double-stranded RNA and TGF-alpha promote MUC5AC induction in respiratory cells. J Immunol. 182:293-300, 2009.
  • 20) Takeyama K, Tamaoki J, Kondo M, Isono K, Nagai A. Role of epidermal growth factor receptor in maintaining airway goblet cell hyperplasia in rats sensitized to allergen. Clin Exp Allergy. 38: 857-865, 2008.
  • 21) Kondo M, Tamaoki J, Takeyama K, Isono K, Kawatani K, Izumo T, Nagai A.  Elimination of IL-13 reverses established goblet cell metaplasia into ciliated epithelia in airway epithelial cell culture. Allergol Int. 55:329-36, 2006.
  • 22) Takeyama K. Macrolides and Mucus production, Antibiotics as Anti-inflammatory and Immunomodulatory Agents. editor; Rubin BK and Tamaoki J, Birkhauser Verlag, pp123-132, 2005.
  • 23) Tamaoki J, Isono K, Takeyama K, Tagaya E, Nakata J, Nagai A. Ultrafine carbon black particles stimulate proliferation of human airway epithelium via EGF receptor-mediated signaling pathway. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 287:L1127-33, 2004.
  • 24) Takeyama K, Tamaoki J, Kondo M, Isono K, Nagai A. Effect of S-carboxymethylcysteine on Mucin Production in Airway Epithelial Cells in vitro. Proc Airway Secretion Res. 6: 9-15, 2004.
  • 25) Kameyama S, Kondo M, Takeyama K, Nagai A. Air exposure causes oxidative stress in cultured bovine tracheal epithelial cells and produces a change in cellular glutathione systems. Exp Lung Res. 29:567-83, 2003.
  • 26) Tamaoki J, Takeyama K, Aoshiba K, Nakata J, Nishimura K, Nagai A. A TH2 cytokine inhibitor for airway inflammation in mild asthma. J Allergy Clin Immunol.111:197-8, 2003.
  • 27) Kondo M, Tamaoki J, Takeyama K, Nakata J, Nagai A. Interleukin-13 induces goblet cell differentiation in primary cell culture from Guinea pig tracheal epithelium. Am J Respir Cell Mol Biol. 27:536-41, 2002.
  • 28) Takeyama K, Jung B, Shim JJ, Burgel P-R, Dao-Pick T, Ueki IF, Protin U, Kroschel P, Nadel JA. Activation of epidermal growth factor receptors is responsible for mucin synthesis induced by cigarette smoke. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 280: L165-L172, 2001.
  • 29) Tamaoki J, Kondo M, Kuroda H, Aoshiba K, Takeyama K, Nakata J, Nagai A. Validity and safety of sputum induction by inhaled uridine 5'-triphosphate. Am J Respir Crit Care Med. 164:378-81, 2001.
  • 30) Takeyama K, Fahy JV, Nadel JA. Relationship of epidermal growth factor receptors to goblet cell production in human bronchi. Am J Respir Crit Care Med. 163:511-6, 2001.
  • 31) Takeyama K, Tamaoki J, Nadel JA, Nagai A. Effect of activation of epidermal growth factor receptors on mucin MUC5AC expression in airway epithelial cells in vitro. Proc Airway Secretion Res. 3: 1-10, 2001.
  • 32) Shim JJ, Dabbagh K, Ueki IF, Dao-Pick T, Burgel P-R, Takeyama K, Tam DC-W, Nadel JA. IL-13 induces mucin production by stimulating epidermal growth factor receptors and by activating neutrophils. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 280: L134-L140, 2001.
  • 33) Takeyama K, Tamaoki J, Nagai A. Regulatory mechanisms of airway mucin gene expression. Curr Top Biochem Res. 3: 111-119, 2000.
  • 34) Burgel PR, Escudier E, Coste A, Dao-Pick T, Ueki IF, Takeyama K, Shim JJ, Murr AH, Nadel JA. Relation of epidermal growth factor receptor expression to goblet cell hyperplasia in nasal polyps. J Allergy Clin Immunol. 106:705-712, 2000.
  • 35) Takeyama K, Dabbagh K, Shim JJ, Dao-Pick T, Ueki IF, Nadel JA. Oxidative stress causes mucin synthesis via transactivation of epidermal growth factor receptor: role of neutrophils. J Immunol. 164: 1546-52, 2000.
  • 36) Takeyama K, Tamaoki J, Nagai A. Regulatory mechanisms of airway mucin gene expression. Curr Top Biochem Res. 3: 111-119, 2000.
  • 37) Shim JJ, Dabbagh K, Takeyama K, Burgel PR, Dao-Pick TP, Ueki IF, Nadel JA. Suplatast tosilate inhibits goblet-cell metaplasia of airway epithelium in sensitized mice. J Allergy Clin Immunol. 105:739-45, 2000.
  • 38) Lee HM, Takeyama K, Dabbagh K, Lausier JA, Ueki IF, Nadel JA. Agarose plug instillation causes goblet cell metaplasia by activating EGF receptors in rat airways. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 278:L185-92, 2000.
  • 39) Nadel JA, Takeyama K, Agusti C. Role of neutrophil elastase in hypersecretion in asthma. Eur Respir J. 13: 190-6, 1999.
  • 40) Nadel JA, Takeyama K. Mechanisms of hypersecretion in acute asthma, proposed cause of death, and novel therapy. Pediatr Pulmonol. 18: 54-55, 1999.
  • 41) Cardell LO, Agusti C, Takeyama K, Stjarne P, Nadel JA. LTB(4)-induced nasal gland serous cell secretion mediated by neutrophil elastase. Am J Respir Crit Care Med. 160:411-4, 1999.
  • 42) Dabbagh K, Takeyama K, Lee HM, Ueki IF, Lausier JA, Nadel JA. IL-4 induces mucin gene expression and goblet cell metaplasia in vitro and in vivo. J Immunol. 162:6233-7, 1999.
  • 43) Takeyama K, Dabbagh K, Lee HM, Agusti C, Lausier JA, Ueki IF, Grattan KM, Nadel JA. Epidermal growth factor system regulates mucin production in airways. Proc Natl Acad Sci U S A. 96: 3081-6, 1999.
  • 44) Cardell LO, Lou YP, Takeyama K, Ueki IF, Lausier J, Nadel JA. Carbon monoxide, a cyclic GMP-related messenger, involved in hypoxic bronchodilation in vivo. Pulm Pharmacol Ther. 11:309-15, 1998.
  • 45) Agusti C, Takeyama K, Cardell LO, Ueki I, Lausier J, Lou YP, Nadel JA. Goblet cell degranulation after antigen challenge in sensitized guinea pigs. Role of neutrophils. Am J Respir Crit Care Med. 158:1253-8, 1998.
  • 46) Cardell LO, Ueki IF, Stjarne P, Agusti C, Takeyama K, Linden A, Nadel JA. Bronchodilatation in vivo by carbon monoxide, a cyclic GMP related messenger. Br J Pharmacol. 124:1065-8, 1998.
  • 47) Takeyama K, Agusti C, Ueki I, Lausier J, Cardell LO, Nadel JA. Neutrophil -dependent goblet cell degranulation: role of membrane-bound elastase and adhesion molecules. Am J Physiol. 275: L294-L302, 1998.
  • 48) Lou YP, Takeyama K, Grattan KM, Lausier JA, Ueki IF, Agusti C, Nadel JA. Platelet-activating factor induces goblet cell hyperplasia and mucin gene expression in airways. Am J Respir Crit Care Med. 157:1927-1934, 1998.
  • 49) Tamaoki J, Nakata J, Takeyama K, Chiyotani A, Konno K. Histamine H2 receptor-mediated airway goblet cell secretion and its modulation by histamine-degrading enzymes. J Allergy Clin Immunol. 99:233-238, 1997.
  • 50) Tamaoki J, Takeyama K, Yamawaki I, Kondo M, Konno K. Lipopolysaccharide- induced goblet cell hypersecretion in the guinea pig trachea: inhibition by macrolides. Am J Physiol. 272:L15-L191, 1997.
  • 51) Takeyama K, Tamaoki J, Nakata J, Konno K. Effect of oxitropium bromide on histamine-induced airway goblet cell secretion. Am J Respir Crit Care Med. 154: 231-236, 1996.
  • 52) Tamaoki J, Takeyama K, Tagaya E, Konno K. Effect of clarithromycin on sputum production and its rheological properties in chronic respiratory tract infections. Antimicrob Agents Chemother. 39:1688-1690, 1995.
  • 53) Chiyotani A, Tamaoki J, Takeuchi S, Takeyama K, Kondo M, Isono K, Konno K. Menthol stimulates Cl secretion via a Ca2+-dependent mechanism in the canine airway epithelium. Br J Pharmacol. 112: 571-575, 1994.
  • 54) Tamaoki J, Yamawaki I, Takeyama K, Chiyotani A, Yamauchi F, Konno K. Interleukin-1b inhibits airway smooth muscle contraction via epithelium-dependent mechanism. Am J Respir Crit Care Med. 149: 134-137, 1994.
  • 55) Tamaoki J, Sakai S, Chiyotani A, Takeyama K, Tagaya E, Konno K. Effect of prostacyclin and beraprost on ciliary motility of rabbit airway epithelium. Pharmacology. 48: 194-200, 1994.
  • 56) Takeyama K, Tamaoki J, Chiyotani A, Tagaya E, Konno K. Effect of macrolide antibiotics on ciliary motility in rabbit airway epithelium in-vitro. J Pharm Pharmacol. 45: 756-758, 1993.
  • 57) Tamaoki J, Chiyotani A, Takeyama K, Kanemura T, Sakai N, Konno K. Potentiation of b-adrenergic function by Saiboku-to and Bakumondo-to in canine bronchial smooth muscle. Jpn J Phamacol. 62: 155-159, 1993.
  • 58) Tamaoki J, Chiyotani A, Takeyama K, Yamauchi F, Tagaya E, Konno K. Relaxation and inhibition of cholinergic neurotransmission by Beraprost sodium in canine airway smooth muscle. Prostaglandins. 45: 363-373, 1993.
  • 59) Tamaoki J, Chiyotani A, Sakai N, Takeyama K, Konno K. Azelastine protects against sulfur dioxide impairment of ciliary motility in human airway epithelium. Thorax. 48: 542-546, 1993.
  • 60) Kanemura T, Tamaoki J, Chiyotani A, Takeyama K, Sakai N, Tagaya E, Konno K. Role of Na+-K+-ATPase in airway smooth muscle relaxation by vasoactive intestinal peptide and pituitary adenylate cyclase activating peptide. Chem Pathol Pharmacol. 79:11-22, 1993.
  • 61) Tamaoki J, Chiyotani A, Takeyama K, Konno K. Effects of angiotensin II and angiotensin III on airway epithelial short-circuit current: involvement of pertussis toxin-sensitive G protein. Eur J Pharmacol. 220:87-90, 1992.
  • 62) Kida K, Mizuuchi T, Takeyama K, Hiratsuka T, Jinno S, Hosoda K, Imaizumi A, Suzuki Y. Serum secretory leukoprotease inhibitor levels to diagnose pneumonia in the elderly. Am Rev Respir Dis. 146:1426-1429, 1992.
  • 63) Tamaoki J, Takeyama K, Chiyotani A, Sakai N, Takizawa T, Konno K. Stimulation of Na absorption by the antiasthmatic Kampo drug Saiboku-to in cultured airway epithelium. Jpn J Pharmacol. 58: 47-53, 1992.
  • 64) Tamaoki J, Chiyotani A, Sakai N, Takeyama K, Takizawa T. Effect of erythromycin on ciliary motility in rabbit airway epithelium in vitro. J Antimicrob Chemother. 29: 173-178, 1992.
  • 65) Sakai N, Tamaoki J, Kobayashi K, Kanemura T, Isono K, Takeyama K, Chiyotani A, Takizawa T. Role of neutral endopeptidase in rabbit airway ciliary responses to vasoactive intestinal peptide. Regul Pept. 34: 33-41, 1991.
  • 66) Tamaoki J, Sakai N, Isono K, Kanemura T, Takeyama K, Takizawa T. Lipopolysaccharide from Krebsiella pneumoniae inhibits Na absorption in canine tracheal epithelium. Infect Immun. 59: 716-717, 1991.
  • 67) Tamaoki J, Kanemura T, Horii S, Takeyama K, Takizawa T. Effect of the anti-asthmatic agent KC-404 on the contractile responses of rabbit airway smooth muscle to tachykinins. Jpn J Allergol. 39: 99-103, 1990.
3.原著論文・総説・著書(邦文)
  • 1) 武山廉. 第2章 呼吸器系の基本薬の使い分け 同種・同効薬の使い分け 疾患 x 基本薬のエビデンスを整理せよ! 4. 慢性期のCOPDへの吸入薬はどう選ぶ? 月刊薬事73(7):118-125, 2021.
  • 2) 武山廉.炎症性疾患(3)炎症と気道ムチン.東女医大誌90(4):71‐78, 2020.
  • 3) 武山廉.特集 喘息とCOPD,治療:喘息増悪時の対応,内科125(6):1349‐1352, 2020.
  • 4) 武山廉.第2章:合併症 8.声帯機能不全,プライマリケア医のための合併症に配慮した喘息治療.Pp139-144, 日本医事新報社,2020. ISBNコード:9784784963874
  • 5) 武山廉.第2章:呼吸器領域の主な疾患10.呼吸調節障害,11.薬剤性肺障害,12.放射線肺炎,呼吸器ナースポケットブック.pp329-342, 学研メディカル秀潤社,2020.
  • 6) 武山廉. 5章 安定期の管理 薬物療法 喀痰調整薬. 呼吸器疾患 診断治療アプローチ. COPD慢性閉塞性肺疾患. P p200-204, 中山書店, 2019.
  • 7) 武山廉. 肺結核.2ページで理解する標準薬物治療ファイル.pp90-91,南山堂,2019.
  • 8) 武山廉,玉置淳. II 主な呼吸器系薬剤の作用機序と適応5.抗炎症・免疫抑制薬(マクロライドも含む)呼吸器疾患最新の治療,pp83-89,南江堂, 2019-2020.
  • 9) 武山廉.特集「咳嗽」と「喀痰」を診る.II咳嗽喀痰を来す主な疾患 誤診も多い咳喘息の診療の基本 呼吸器ジャーナル 66(3):404-407,2018.
  • 10) 武山廉、玉置淳.日常診療に活かす 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2018-2019第II章呼吸器疾患 喘息. メディカルレビュー社,2018.
  • 11) 武山廉、市川明日香、玉置淳.病気とくすり.呼吸器系・消化器系の病気と薬.A呼吸器疾患.4.慢性閉塞性肺疾患.薬局68(4):664-671,2017.
  • 12) 三田祐実子,武山廉,志々目修,久保綾子,溝渕莉恵,多賀谷悦子,近藤 光子,辺見卓男,宇都健太,小田秀明,玉置淳.クリゾチニブ投与後に急性肺障害を来したALK融合遺伝子陽性肺癌の一剖検例.THE LUNG perspectives 25(1),10-14,2017.
  • 13) 武山廉. 差分解説欄: 気道分泌亢進・喀痰喀出障害への対策. 日本医事新報4834:52,2016.
  • 14) 武山廉、玉置淳.特集/咳嗽の実地診療Up-to-date:咳嗽と喀痰のメカニズム.呼吸器内科 29(2):87-92,2016.
  • 15) 八木理充,武山廉, 玉置淳.特集/オーダーメイド治療時代の新薬の位置づけと使い方.肺がん. 臨床と研究 93(3):83-86, 2016.
  • 16) 武山廉,鳥山碧,玉置淳. 特集/高齢者のアレルギー性疾患の治療と管理 3. 高齢者のアトピー性喘息:治療と対策. アレルギーの臨床 36(10):16-19, 2016.
  • 17) 鳥山碧,武山廉,坂井修二,玉置淳.Medical Pictures:胸部CTでの虫道の発見が診断に有用であった肺吸虫症の1例.THE LUNG perspectives. 24(4), 337, 2016.
  • 18) 武山廉、玉置淳.病気とくすり.呼吸器系・消化器系の病気と薬.A呼吸器疾患.4.慢性閉塞性肺疾患.薬局67(4):650-657,2016. 
  • 19) 武山廉,玉置淳. 特集 難治性喘息Up-Date 病態から治療まで:気道ムチンRespiratory Medical Research 3(2):26-30,2015.
  • 20) 武山廉,玉置淳. 特集:マクロライド研究の新展開: 気道クリーニング. Respiratory Medical Research 2(4):13-16,2014.
  • 21) 近藤光子,多賀谷悦子,武山廉,切士紗織,玉置淳.気道リモデリングとしての杯細胞増生の維持機構に関する研究:上皮成長因子受容体 (EGFR)リン酸化の役割.厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業:平成25年度研究報告書: 301-304, 2014.
  • 22) 武山廉,玉置淳.特集:unified airwayからみた鼻副鼻腔病変1.上気道と下気道の比較と関連性. 気道分泌と粘液線毛輸送機能.JOHNS 29:812-816,2013.
  • 23) 玉置淳, 磯野一雄, 松本悦子, 武山廉: 薬物療法. 第17回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会テキスト 165-184. 呼吸療法認定士認定委員会事務局, 東京, 2012.
  • 24) 武山廉,玉置淳.特集II 気道構成細胞からみた喘息発症メカニズム 喘息発症と重症化における気道分泌細胞の役割 臨床免疫・アレルギー科56:183-188, 2011.
  • 25) 武山廉. アレルギー性気道炎症とムチン遺伝子Annual Review呼吸器pp108-116, 中外医学社、2010. (ISBN 4498031903)
  • 26) 武山廉. 胸腔検査 専門医試験のための呼吸器ベーシックポイント‐力の340題 改訂2版, pp76-78. メディカルビュー社,東京,2009. (ISBN 4758303401)
  • 27) 武山廉.じん肺症(珪肺,石綿肺)専門医試験のための呼吸器ベーシックポイント‐力の340題 改訂2版,pp190-191,メディカルビュー社,東京,2009. (ISBN 4758303401)
  • 28) 武山廉.胸膜・横隔膜疾患 専門医試験のための呼吸器ベーシックポイント‐力の340題 改訂2版, pp218-223, メディカルビュー社,東京,2009.(ISBN 4758303401)
  • 29) 武山廉. 17.誤嚥性肺炎の診断にX線写真は有効か?内科研修の素朴な疑問に答えます pp67-69、2009. (ISBN 9784895926010)
  • 30) 武山廉. 35.誤嚥性肺炎にACE阻害薬は有効か?内科研修の素朴な疑問に答えます pp111-113、2009. (ISBN 9784895926010)
  • 31) 武山廉. 38.健常成人にインフルエンザワクチンは必要か?内科研修の素朴な疑問に答えます pp119-121、2009. (ISBN 9784895926010)
  • 32) 武山廉,磯野一雄,玉置淳.Question 喘息に早期治療介入を行うと本当に気道リモデリングが防げるのですか?Q&Aでわかるアレルギー疾患 5:186-188, 2009.
  • 33) 武山廉. II外来パート 4喀痰、5血痰・喀血、6呼吸困難、7喘鳴、8胸痛、呼吸器診療ゴールデンハンドブック,pp53-66、南江堂、2008. (ISBN 452424767X)
  • 34) 武山廉. 5.呼吸器疾患:胸膜炎. 今日の治療指針 総編集 山口徹、北原光夫、福井次矢 医学書院、2008. (ISBN 4260005154)
  • 35) 武山廉,岩本逸夫,相澤久道,吉原重美 座談会:University of California, San Franciscoでの生活と研究. 喘息 20:89-96, 2007.
  • 36) 武山廉. 話題:粘液分泌細胞のリモデリング. 呼吸器科 11:645-651, 2007.
  • 37) 武山廉. 特集:気道構成細胞と喘息.粘液分泌細胞. 喘息 20:27-33, 2007.
  • 38) 近藤光子, 武山廉, 玉置淳. 気道の慢性炎症とマクロライド. 耳鼻咽喉科免疫アレルギー 24:19-25, 2006.
  • 39) 武山廉,玉置淳. 特集:気管支喘息とサイトカインIII. 成長因子 3. EGFRとそのリガンド, 喘息 17:55-59, 2004.
  • 40) 武山廉. 胸膜・横隔膜疾患 Q&Aで覚える呼吸器ベーシックポイント. 専門医試験のための力の333題, pp226-231, 編集 永井厚志 メディカルビュー社、2004. (ISBN 4758303088)
  • 41) 武山廉. じん肺症(珪肺、石綿肺) Q&Aで覚える呼吸器ベーシックポイント. 専門医試験のための力の333題, pp198-199 編集 永井厚志 メディカルビュー社、2004. (ISBN 4758303088)
  • 42) 武山廉. 23.粘液分泌細胞 別冊・医学のあゆみ 呼吸器疾患 ? state of arts, pp88-90, 編集 北村諭ほか 医歯薬出版株式会社、2003-2005. (ISBN 135-282770)
  • 43) 武山廉. 気管支喘息における過分泌. 内科 90:704-707, 2002.
  • 44) 武山廉. 呼吸器研究の世界は今. 分子呼吸器病 6:161-163, 2002.
  • 45) 武山廉. 杯細胞. 分子呼吸器病 6:5-8, 2002.
  • 46) 武山廉. 第97回ATS学会レポート(米国サンフランシスコ),International Review of Asthma. 3:96-105, 2001.
  • 47) 武山廉. 気道ムチン遺伝子の発現調節機構. 最新医学 56:124-129, 2001.
  • 48) 武山廉、玉置淳、近藤光子、青柴和徹、中田潤子、磯野一雄、永井厚志. 気道上皮におけるMUC5AC産生に対するマクロライド系抗生物質の影響. Jap J Antibiot. 54:52-54, 2001.
  • 49) 中田潤子,玉置淳,武山廉,武田祐子,山脇功,近藤光子,永井厚志.Effect of heparin on airway goblet cell secretion in sensitized guinea pigs. 日本呼吸器学会誌36:845-50, 1998.
  • 50) 磯野一雄,玉置淳,西村和幸,武山廉,永井厚志.Effect of macrolide antibiotics on neutrophil infiltration into the airway mucosa and ICAM-1 expression. Jpn J Antibiot. 51:34-37, 1998.
  • 51) 中田潤子,玉置淳,武山廉,多賀谷悦子,近藤光子,金野公郎.Effect of erythromycin and roxithromycin on airway goblet cell secretion. Jpn J Antibiot. 50:62-64, 1997.
  • 52) 武山廉、永井厚志、阿部眞弓、兼村俊範、金野公郎、大貫尚好、田原士郎、新田澄郎、成松明子、河上牧夫.空洞様陰影を呈した胸膜線維腫の1例. 日胸疾会誌 34:700-704, 1996.
  • 53) 武山廉、玉置淳、多賀谷悦子、坂井典孝、千代谷厚、金野公郎. IL-1?, NAP-1/IL-8による気道粘膜杯細胞分泌.医学のあゆみ 170:179-180,1994.
  • 54) 玉置淳,武山廉,多賀谷悦子,千代谷厚,金野公郎. 気道杯細胞分泌に対するIL-8の影響と好中球エラスターゼの関与. 炎症 14: 157-158, 1994.
  • 55) 多賀谷悦子,玉置淳,武山廉,磯野一雄,兼村俊範,坂井典孝,千代谷厚,金野公郎. Na+-K+-ATPaseおよびCa2+-activated K+cannelによる気道平滑筋迷走神経伝達の制御. アレルギー43:62-67, 1994.
  • 56) 小林誠,大久保裕雄,武山廉,兼村俊範,青柴和徹,滝沢敬夫. 炎症性気管支ポリープの1例. Pharma Medica 12: 143-148, 1994.
  • 57) 武山廉、玉置淳、山内富美子、千代谷厚、金野公郎. モルモット気道杯細胞分泌に対するヒスタミンの影響とその作用機序. 呼吸 12:1384-1387, 1993. 
  • 58) 玉置淳,武山廉,千代谷厚,坂井典孝,金野公郎.気道平滑筋弛緩反応におけるK-channelおよびNa-pumpの役割. 気道の生理と病理 その基礎と臨床. 79-83, 1993.
  • 59) 武山廉、玉置淳、千代谷厚、坂井典孝、兼村俊範、金野公郎.気道上皮線毛運動に対する?3-アドレナージック受容体刺激薬の効果.呼と循 39:481-485, 1993.
  • 60) 坂井典孝,玉置淳,千代谷厚,武山廉,金野公郎.二酸化イオウ暴露による気道線毛運動障害 - 細胞内cyclic AMPによる予防的役割 -. 日胸疾会誌 31:733-737, 1993.
  • 61) 千代谷厚,玉置淳,山内富美子,武山廉,兼村俊範,金野公郎.気道上皮細胞の電気的特性に対する小青竜湯の影響.漢方と最新治療 2:397-401, 1993.
  • 62) 玉置淳,坂井典孝,千代谷厚,武山廉,金野公郎.二酸化イオウによる気道線毛障害とアゼラスチンの予防効果. 炎症 13: 215-217, 1993.
  • 63) 大久保裕雄,小林誠,武山廉,青柴和徹,滝沢敬夫 脳血管障害付随諸症状に対してイデベノン+ビンボセチン無効,プロペントフィリン有効であった1症例. 老化と疾患 6: 80-83, 1993.
  • 64) 武山廉、千代谷厚、玉置淳、滝沢敬夫.気道粘液線毛輸送系に対する柴朴湯の効果 -基礎的および臨床的検討-.アレルギー 41:43-48, 1992.
  • 65) 玉置淳,山内富美子,千代谷厚,武山廉,金野公郎.気道平滑筋における?3-アドレナージック受容体を介する生物学的反応.日胸疾会誌 30: 59-64, 1992.
  • 66) 玉置淳,千代谷厚,武山廉,山内富美子,兼村俊範,近藤光子,金野公郎.Pituitary adenylate cyclase activating peptideによる気道平滑筋拡張.医学のあゆみ 162:437-438, 1992.
  • 67) 千代谷厚,武山廉,玉置淳,山内富美子,近藤光子,金野公郎,滝沢敬夫.柴朴湯の基礎と臨床:気道粘液線毛輸送能に対する効果.気道分泌 11: 5-9, 1992.
  • 68) 玉置淳,武山廉,千代谷厚,坂井典孝,山内富美子,滝沢敬夫.気道粘膜上皮の線毛運動に対するロキシスロマイシンの効果とその作用機序.呼と循 39: 481-485, 1991.
  • 69) 玉置淳,坂井典孝,磯野一雄,兼村俊範,武山廉,竹内聡美,千代谷厚,滝沢敬夫.気道上皮細胞の電気的特性に対するヒスタミンの影響および塩酸アゼラスチンによる拮抗作用.呼と循 39:181-184, 1991.
  • 70) 磯野一雄,玉置淳,坂井典孝,兼村俊範,竹内聡美,武山廉,滝沢敬夫.気道粘膜上皮細胞の電気的特性に対するヒスタミンの影響とその作用機序.アレルギー40: 464-469, 1991.
  • 71) 玉置淳,千代谷厚,坂井典孝,近藤光子,兼村俊範,磯野一雄,山内富美子,武山廉,滝沢敬夫.気道粘膜上皮細胞の線毛運動に対するKI-111の影響とその作用機序.Ther Res. 12: 465-469, 1991.
  • 72) 武山廉、木田厚瑞:6.高齢者の吸入療法のポイント 吸入療法マニュアル、1991.
  • 73) 武山廉、木田厚瑞:エキスパートナース 第V章老人によく見られる疾患 肺炎 老人看護マニュアル pp117-121, 照林社、1991.
4.学会発表(国際学会)
5.学会発表(国内学会)
  • 1) 武山廉 コーヒーブレイクセミナー:「気管支喘息のCureを目指して~治療の出口戦略を探る~」現在、喘息は治癒しているのか?第60回日本呼吸器学会学術講演会、2020年9月、神戸.
  • 2) 武山廉 教育講演10 :咳嗽と喀痰の病態と治療戦略 -特に喀痰病態と治療戦略について-.第60回日本呼吸器学会学術講演会、2020年9月、神戸
  • 3) 武山廉 教育講演8:気道過分泌の分子病態と制御.第57回日本呼吸器学会学術講演会、2017年4月、東京.
  • 4) 武山廉 シンポジウム5:上・下気道における粘液分泌亢進の病態と制御.下気道過分泌病態におけるムチン遺伝子発現調節.第65回日本アレルギー学会学術大会、2016年6月、東京.
  • 5) 武山廉 教育関連企画:症例を臨床から分子レベルまで考える-気管支喘息、喀痰量増加、喀痰喀出困難の発現機序.第56回日本呼吸器学会学術講演会、2016年4月、京都.
  • 6) K. Takeyama, M. Kamata, T. Hanawa, T. Akaba, K. Arimura, K. Isono, M. Kondo, J. Tamaoki. Effect of Epidermal Growth Factor Receptor Tyrosine Kinase Inhibitor AG1478 on Methacholine-Induced Airway Hyperresponsiveness in a Rat Model of Asthma. 第55回日本呼吸器学会総会.2015年4月,東京.
  • 7) 武山廉,相澤豊昭,杉田知妹,辻真世子,藤原朋子,玉置淳.閉塞型睡眠時無呼吸症候群における持続的気道陽圧呼吸療法継続に影響を与える因子の検討.第53回日本呼吸器学会総会.2013年4月,東京.日呼吸会誌 2 (増刊号): 227, 2013.
  • 8) 武山廉,近藤光子,多賀谷悦子,切士紗織,磯野一雄,玉置淳. 中等症・重症持続型喘息におけるレリーバーとしてのブデソニド/ホルモテロール配合剤(FBC)の有用性 第62回日本アレルギー学会秋季学術大会 2012年11月,大阪.
  • 9) 武山廉,磯野一雄,近藤光子,玉置淳.気道ムチン分泌および杯細胞増生の維持におけるEGFRリン酸化の役割.第5回横浜・東京呼吸器フォーラム.2012年10月,横浜.
  • 10) 武山廉 シンポジウム:気管支喘息の病態の新知見.2.EGFRの関与 第50回日本呼吸器学会学術講演会、2010年3月、京都.
  • 11) 武山廉,玉置淳,近藤光子,磯野一雄,青柴和徹,永井厚志.上皮成長因子受容体 (EGFR)による気道杯細胞過形成維持機構.第45回日本呼吸器学会総会.2005年4月,千葉.日呼吸会誌 43(増刊号): 255, 2005.
  • 12) 武山廉,玉置淳,近藤光子,磯野一雄,青柴和徹,永井厚志.喘息病態発現における上皮成長因子受容体 (EGFR)の関与:気道杯細胞過形成維持機構の解明.第10回東京呼吸病態研究会.2004年11月,東京.
  • 13) 武山廉,玉置淳,近藤光子,磯野一雄,永井厚志.卵白アルブミン感作ラットの喘息病態発現における上皮成長因子受容体(EGFR)の関与.第44回日本呼吸器学会総会.2004年3月,東京.日呼吸会誌 42(増刊号): 102, 2004.
  • 14) 武山廉,玉置淳,近藤光子,磯野一雄,永井厚志. 気道上皮におけるムチンおよびフコース産生に対するカルボシステインの影響 第23回気道分泌研究会,2003年5月,箱根.
  • 15) 武山廉 特別講演:杯細胞異形成(goblet cell metaplasia): 病態解明の新展開 - EGF受容体を介した気道ムチン遺伝子の発現制御機構 - 第11回ニューロぺプタイド研究会、2003年10月、岐阜.
  • 16) 武山廉,玉置淳,近藤光子,永井厚志.ワークショップ:「炎症細胞,気道構成細胞と気道疾患」気道ムチン分泌の制御機構.第43回日本呼吸器学会総会.2003年3月,福岡.日呼吸会誌 41(増刊号): 14, 2003.
  • 17) 武山廉,玉置淳,近藤光子,永井厚志. 喫煙刺激による気道ムチンMUC5ACの発現と情報伝達におけるEGF受容体の役割. 第42回日本呼吸器学会総会. 2002年4月,仙台.
  • 18) 武山廉,玉置淳,近藤光子,永井厚志.喫煙刺激による気道ムチンMUC5ACの発現とシグナル伝達におけるEGF受容体の役割.第5回アレルギー・気道上皮細胞研究会.2001年12月,東京.
  • 19) 武山廉,玉置淳,Nadel JA,Fahy JV,永井厚志. ヒト気道杯細胞過形成におけるEpidermal Growth Factor Receptors (EGFR)発現の関与. 第51回日本アレルギー学会総会. 2001年10月29-31日,福岡.
  • 20) 武山廉,磯野一雄,滝沢敬夫,永井厚志. 呼吸不全を呈したレジオネラ肺炎の1例. 第15回急性呼吸不全に対する研究会. 2001年9月,東京.
  • 21) 武山廉、玉置淳、中田潤子、近藤光子、永井厚志. シンポジウム:気道上皮細胞におけるMUC5AC産生に対するマクロライド系抗生物質の影響. 第8回マクロライド新作用研究会、2001年7月、東京.
  • 22) 武山廉、玉置淳、永井厚志. シンポジウム:アレルギー疾患における気道分泌過多症:BronchorrheaとHyperrhinorrheaの病態と治療: 下気道上皮でのムチン産生機序. 第13回日本アレルギー学会春季大会. 2001年5月、横浜.
  • 23) 武山廉、玉置淳、永井厚志. シンポジウム:慢性気道感染症の病態と治療の進歩: 粘液分泌亢進の病態生理. 第41回日本呼吸器学会総会、2001年4月、東京.
  • 24) 武山廉,磯野一雄,西村和幸,八代智恵子,滝沢敬夫. 胸水より確定診断し得た重症レジオネラ肺炎の1例. 第142回日本呼吸器学会関東地方会. 2000年10月28日,埼玉.
  • 25) 武山廉. 特別講演:気道過分泌のメカニズム:杯細胞過分泌と脱顆粒.  第26回関東喀痰研究会、2000年6月、 東京.
  • 26) 武山廉,玉置淳,Nadel JA,永井厚志. 気道上皮におけるムチンMUC5AC発現機序:EGFレセプターの関与. 第20回気道分泌研究会. 2000年5月,徳島.
  • 27) 武山廉,玉置淳,Nadel JA,永井厚志. 好中球の粘液糖蛋白(ムチン)産生に対する影響:epidermal growth factor receptor (EGFR)活性化の関与とその機序. 第40回日本呼吸器学会総会. 2000年3月22日-24日,広島.
  • 28) 武山廉,玉置淳,Nadel JA,永井厚志. 好中球の粘液糖蛋白(ムチン)産生に対する影響:EGF receptor活性化の関与とその機序. 第36回気道過敏性研究会. 2000年3月11日,東京.
  • 29) 武山廉,千代谷厚,玉置淳,近藤光子,金野公郎.重症喘息患者の管理における日本アレルギー学会喘息治療ガイドラインの有用性. 第7回日本アレルギー学会春季臨床大会.1995年5月,岡山.アレルギー 44: 405, 1995.
  • 30) 武山廉,玉置淳,金野公郎,滝沢敬夫.NAP-1/IL-8の気道杯細胞分泌亢進作用に対するnitric oxideの影響.第34回日本胸部疾患学会総会.1994年4月25日,幕張.
  • 31) 武山廉,玉置淳,千代谷厚,金野公郎,滝沢敬夫.気道杯細胞分泌における一酸化窒素(NO)の役割 - NAP-1/IL-8による杯細胞分泌に対する影響 ? 第14回気道分泌研究会.1994年4月2日,鹿児島.
  • 32) 武山廉,玉置淳,多賀谷悦子,坂井典孝,千代谷厚,金野公郎. 気道粘膜杯細胞分泌に対するNAP-1/IL-8の影響と作用機序.第14回関東喀痰研究会. 1993年11月19日,東京.
  • 33) 武山廉,玉置淳,多賀谷悦子,坂井典孝,千代谷厚,金野公郎.NAP-1/IL-8の気道杯細胞分泌亢進作用に対する好中球elastase inhibitorの影響.第43回日本アレルギー学会総会.1993年10月,横浜.アレルギー 42: 1459, 1993.
  • 34) 武山廉,玉置淳,千代谷厚,山内富美子,金野公郎.気道粘膜Goblet cell分泌におけるサイトカインネットワーク:IL-1, IL-8の影響.第33回日本胸部疾患学会総会.1993年4月,横浜.日胸疾会誌 31(Suppl): 273, 1993.
  • 35) 武山廉,玉置淳,多賀谷悦子,坂井典孝,千代谷厚,金野公郎.気道粘膜杯細胞分泌に対するNAP/IL-8の影響とその作用機序.第29回気道過敏性研究会.1993年3月,東京.抄録集 29: 7, 1993.
  • 36) 武山廉,玉置淳,千代谷厚,金野公郎.気道杯細胞分泌反応とサイトカインネットワーク.第13回気道分泌研究会.1993年3月,浦安.講演要旨集 p20-23, 1993.
  • 37) 武山廉,玉置淳,山内富美子,千代谷厚,金野公郎. 気道粘膜Goblet cell分泌に対する臭化オキシトロピウム吸入の効果.第42回日本アレルギー学会総会.1992年10月,仙台.アレルギー 41: 1234, 1992.
  • 38) 武山廉,阿部真弓,兼村俊範,鏑木孝之,川田博,永井厚志,金野公郎,大貫尚好,田原士郎,新田澄郎,成松明子,河上牧夫.空洞様陰影を有した良性胸膜線維腫の一例.第100回日本胸部疾患学会関東地方会.1992年7月,東京.
  • 39) 武山廉,玉置淳,千代谷厚,坂井典孝,兼村俊範,金野公郎.気道上皮線毛運動に対するβ3-アドレナージック受容体刺激薬の効果.関東喀痰研究会.1992年6月,東京.
  • 40) 武山廉,玉置淳,千代谷厚,金野公郎.家兎気管培養細胞の線毛運動に対するマクロライド系抗生物質の影響.感染症1992年4月,東京.感染症学雑誌 66: 77, 1992.
  • 41) 武山廉,平塚知子,神野悟,水内知子,小田尚伸,岩尾めぐみ,木田厚瑞,大坪浩一郎,四元秀毅. 母(80歳:初発)娘(57歳:35歳にて発症)のサルコイドーシス.第97回日本胸部疾患学会関東地方会,1991年11月、横浜. 日胸疾会誌 30(5), p982, 1992.
  • 42) 武山廉,平塚知子,水内知子,神野悟,寺井裕二,木田厚瑞,江崎行芳. 非定型老年者サルコイドーシスの一例. 第96回日本胸部疾患学会関東地方会,1991年8月.
  • 43) 武山廉,神野悟,水内知子,平塚知子,小田尚伸,木田厚瑞,小池昇,大坪浩一郎.悪性胸膜中皮腫の3例.第96回日本胸部疾患学会関東地方会.1990年7月,東京.
  • 44) 武山廉,神野悟,水内知子,平塚知子,小田尚伸,木田厚瑞. 高齢者肺炎における血清中SLPI測定の意義. 第30回日本胸部疾患学会総会.1990年4月,京都.

趣味

院長
武山 廉
診療内容
内科 呼吸器内科 アレルギー科
住所
〒214-0014
川崎市多摩区登戸2427-5
メディカルプレイスタナカ3階
TEL
044-911-1181
最寄り駅
JR・小田急線「登戸駅」生田緑地口より徒歩1分
※受付は診療時間終了30分前までです
休診:水曜午後、土曜午後、日曜祝日
※第2、第4水曜午後は東京女子医科大学病院にて診療しております
診療時間 日祝
9:00~12:30 -
14:00~18:30 - - -